税金に注意しよう

学生は、勉強する時間以外にも自由に使える時間がたくさんあり、その分をバイトに当てることができると思います。
自由に使える時間が多ければ多いほど、それに比例して稼ぐ額も多くなっていくものです。しかし、学生であっても稼ぎ過ぎてしまうと、税金の支払いが発生するので注意が必要になります。実際に支払うのは親になるので、自分自身は損をすることはありませんが、今まで支払う必要がなかった税金を払うことになるので、家族単位で見ると大きな損失と言えることでしょう。家族に迷惑をかけないためにも、稼ぎ過ぎないよう注意しなければいけません。
超えてはいけない額は103万円なので、その額をボーダーとして、バイトのシフトをコントロールするといいでしょう。この額を1年でも超えてしまうと税金が発生してしまうので、しっかり管理することが大切になります。
稼ぎ過ぎないためにも、あからじめ月に稼げる額を決めておくといいでしょう。急にヘルプをお願いされることを考慮した上でスケジュールを立てると、少し稼ぎ過ぎても問安心です。仮に稼ぎ過ぎた月があったとしても、翌月かそれ以降でシフトの量を減らせば稼ぎ過ぎを抑制できます。なぜなら、103万円は1月から12月までの給料総額になるため、稼ぐ額を増減調整することで総額を一定額に抑えられるからです。
注意としては、103万円ギリギリまで稼ごうとしてはいけません。スケジュールのミスやシフトのコントロールミスによって、ほんの少し超えてしまうこともあります。この点を考慮し、税金がかからないように稼ぐ方法を考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です